相場を知る

電話

現在、パソコンはどこの家庭や企業でも利用され、私たちの日々の生活と密接につながっています。 パソコンの利用は私たちに大きな恩恵を与えていますが、その分、パソコンに障害が出たとき私たちは大きく困ったことになります。 その最たるものがデータの破損です。 パソコンにあるデータは、パソコンが壊れたままだとデータを利用できず大変困ったことになります。 そこで壊れたパソコンからデータを無事に取り戻すデータ復旧が必要となってきます。 データ復旧は個人でも出来なくはないですが、データを無事に取り戻すには難しく、データ復旧を専門に取り扱っている業者に頼るのが一般的です。 データ復旧の相場の費用は幅があり、安ければ3万円程度で済みますが、データの破損がひどければ数十万円かかる場合もあります。

なぜ、こんなにもデータ復旧の費用に差があるかというと、それはデータの破損の原因によって費用が異なってくるからです。 このデータの破損の原因は2つの種類に分けられます。 1つは論理障害で、もう1つは物理障害です。 論理障害とは人為的なミスやアクシデントによるデータ破損で、例えば、誤ってファイルを削除してしまったり、停電によってデータを破損してしまった場合が当てはまります。 こちらの場合のデータ復旧の費用は軽度の場合は3万円から6万円程度で、重度の場合では10万円から20万円程度かかることがあります。 物理障害については、水没や落下によるダメージの故障や、経年劣化による原因が当てはまります。 物理障害によるデータ復旧は5GBから300GBまでの容量を比較した場合、軽度の障害で15万円から50万円程度で、重度の場合には20万円から65万円ほどかかる場合があります。 ただ、業者によっては初期診断や見積もりなどの費用は無料なところが多く、完全報酬型の料金体系を導入している優良な業者もあるので、もしデータ復旧が必要な場合は一度見てもらうことをお勧めします。