利用頻度について

ビジネス

外付けhddは企業だけでなく、一般家庭でも多く利用されている。その理由としてはUSBケーブル経由で簡単にパソコンに接続できるからである。デジタルハイビジョンの録画保存ができるようになってからは飛躍的に外付けhddが普及したといえる。もちろん画像などの大事なデータ保存にも利用されている。 しかし、その外付けhddがハードディスクトラブルが発生する場合があり、認識しないとケースなども起こる。もっとも、外付けhdd自体が消耗品であるため、デバイスマネージャでも認識しないケース、つまりハードディスク自体に障害が発生という場合が少なからずあるという事をユーザーは認識するべきである。ではトラブルから防ぐためにはどうすればよいのか。

外付けhddが認識しないというトラブルから未然に防止する方法は残念ながら存在しないのが現状である。あくまでも消耗品であるという事が前提であり、一度認識しない状態になると復旧はかなり厳しい状況である。 外付けhddでもトラブルのためのRAID構成された商品もあるため、そういった商品を利用する、あるいはDVDやブルーレイディスクなどの外部媒体へのバックアップなども併用した方がよいと考えられる。 万が一のトラブル発生時にデータ復旧できないという最悪の事態を避けるためにも、外部媒体との併用は行った方がよい。トラブルが発生した時でもデータリカバリーが短時間で可能になるからである。 トラブル発生時なども想定しながら、活用をしていきたい。